上智大学短期大学部 Sophia University Junior College Division

資料請求

サービスラーニング

サービスラーニングとは

本学におけるサービスラーニングとは社会参加、実践を通した「学外での学び」と、授業などの「学内での学びの融合」を意味します。

学生は学内で言語教育、異文化理解などについて学びます(ラーニング)。そして学内で学んだ知識を基に、学外の地域社会において奉仕(サービス)活動を行います。たとえば、地域の小学校で英語のレッスンを行うボランティア、地域の外国籍の子どもや市民への日本語や教科学習をサポートするボランティアがあります。学生はこうした学外での活動体験からの気づきを、学内で行われる授業などにフィードバックさせ、学生自身の学修を深めます。さらにその学修をボランティア活動に反映させて、より良い活動へとつなげていきます。また、地域社会等の中で様々な人々と関わりながらコミュニケーション能力や社会性を培います。

以上のようにサービスラーニングとは、地域社会での奉仕活動をアカデミックな学内での学びと結びつけ、地域から得られた社会での体験を振り返り、社会性を核とした様々な能力を培っていく学習プロセスです。本学はサービスラーニングのプログラムを通し、学生のコミュニケーション能力や社会人基礎力を育て、ライフデザインができるように支援します。

「サービスラーニングによる学生支援の総合化-ライフデザインと社会人基礎力の養成」は、平成20年度文部科学省「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム(学生支援GP)」に採択されました。
また本学部は、平成19年度に締結した「秦野市と上智短期大学との提携に関する協定書」に基づき、秦野市と提携をしています。本学部による多くのサービスラーニング活動は同提携の下に実施されています。

地域連携・
サービスラーニングVolunteer