上智大学短期大学部 Sophia University Junior College Division

資料請求
学びに関する情報

日本語教育学(宮崎ゼミ)

教員氏名 宮崎幸江(みやざきさちえ)
職名 教授
専門分野

日本語の教え方や日本語習得を研究する日本語教育学と、複数の言語に接して生活する人々の言語習得や教育上の課題などを研究するバイリンガリズムが専門です。

ゼミのテーマ

多文化共生とバイリンガリズム

このゼミでは、どのようなことを、どのように学べるか

 本ゼミは、「日本における多文化共生とバイリンガリズム」をテーマとしています。近年、日本でもグローバル化が進み、日本人とは異なる言語や文化を持つ人々との「共生」が社会の課題として認識されるようになってきました。日本で生活する外国にルーツを持つ子どもは、家庭では両親の言語(母語)を使用し、学校では日本語を使用するというバイリンガル環境で生活しています。このように複数の言語や文化に接して成長する子どもが、バイリンガル・バイカルチュラルとして成長していくには、来日した時期や、家庭の言語使用だけでなく、日本社会のあり方など様々な社会的な要因が関わってきます。このゼミでは、小学校等で日本語支援を行なうサービスラーニングでの参与観察を通して、こどもの言語・教育環境についてフィールドワークを行ない、多文化共生とバイリンガリズムについて学びます。

このゼミで学んだことは将来どのように役立てることができるか

 本ゼミでは、「外国人の子どもがどのように日本社会で日本語を学んでいくか」を学ぶ訳ですが、それはそのまま、皆さんの第二言語である英語学習に置き換えて考えることもできます。みなさんはゼミで学んだことを使って、自分の英語習得状況を客観的に分析したり、どうすれば自分の英語をもっと伸ばすことができるか考えたりできるようになるでしょう。

 編入希望の方にとっては、本ゼミの研究テーマは、日本語教育や言語学だけでなく、教育学、社会学、応用言語学、英語教育、国際関係論、コミュニケーション、心理学など、様々な分野の学問とつながりがあるので、自分の最も興味関心のある分野を探す助けとなるでしょう。将来、ゼミで得た知識とサービスラーニング活動によって身に付けたコミュニケーション能力は様々な場で活かせると思います。

学生へのメッセージ

 宮崎ゼミの特徴は、ゼミ生ひとりひとりの個性の豊かさと団結力です。ゼミでは、性格も考え方も異なる仲間との交流を通して、自分の個性を磨き、集団の中で自分の役割を発揮できるようになると思います。また、プレゼミから1年半という長い時間を共有する仲間は、学生時代のかけがえのない財産となります。私も、ゼミ担当教員として、常にみなさんと向き合い、勉強のこと、進路のことなど、様々なことがらについて相談にのり、適切な助言ができるよう心がけています。

 毎年、皆さんの先輩方は、ゼミでの学びを通して、知的好奇心が芽生え、学問への探求心も育ち、卒業時には自信に満ちた大変魅力的な女性に成長していきます。みなさんとお会いできるのを楽しみにしています

学びに関する情報Academics