上智大学短期大学部 Sophia University Junior College Division

資料請求
学びに関する情報

キリスト教人間学(小林ゼミ)

教員氏名 小林 宏子(こばやし ひろこ)
職名 准教授
専門分野

聖書思想、キリスト教人間学、青年期の自己形成

ゼミのテーマ

聖書の人間像、キリスト教の「愛」と「救い」、イエスに出会った女性達、生き方の選択と成長

このゼミでは、どのようなことを、どのように学べるか

 本学の必修教養科目である「キリスト教人間学」を、「超越的地平とのかかわり」に焦点を当てて深めます。特に、マザーテレサの活動と言葉が現代社会の人々の心に響くのはなぜなのか、マザーテレサと姉妹たちを通して伝えられているキリスト教の「神の愛」とはどのようなものなのか、また、「救い」を求める人間の現実と、その人間とかかわり続けようとする「神」とはどのような存在なのか、について考えます。プレゼミナールでは、マザーテレサの愛の奉仕の原動力となっている信仰や祈りの力について学びます。ゼミナールIでは、聖書の中に登場する女性たちの姿を通して、社会の中で弱い立場に置かれた人々の苦しみの内実と、その「救い」の意味を考察しながら、人間を「人格(ペルソナ)的存在」と理解するキリスト教人間観の特徴を理解します。ゼミナールⅡでは、個人研究、論文作成、発表を通して、学生自身が「選択を通して成長する」自己形成の一過程を経験していきます。

このゼミで学んだことは将来どのように役立てることができるか

 多様な人々と出会うグローバル社会で生きるためには、自分が属する社会の文化や傾向を絶対視せず、多様性に開かれた姿勢で対話する態度と知識が不可欠です。日本では人口の1%に過ぎないキリスト教信者も、世界においては約22億人、総人口の約3割に及び、2019年はカトリック教会の長であるローマ教皇の訪日も計画されています。そのような中、本学で西洋文化の根底に流れるキリスト教の思想や理念を学び、「他者のために、他者と共に」という利他性を重んじる隣人愛の行動規範を学ぶことは、世界をより兄弟姉妹的な連帯と、一致の精神に満ちた共生社会にしようと努力してきた先人たちの足跡に倣うものとなります。更に、キリスト教人間学を通して人間存在の本質的特徴と傾向を学ぶことは、将来、変化の激しい世界の中に置かれるとしても、「人間らしさ」という視点を軸にして、異文化の中にある人々と対話し、繋がっていくための基本を準備することになるでしょう。

学生へのメッセージ

 もし、世界中の人々が皆、マザーテレサのような愛を生きる「Person for Others, with Others」ばかりであれば、世界はどれ程、平和で幸福なものとなるでしょう。しかし、現実の私たちは、エゴイズムという人間の本質の一部が前面に出ることが多いために、争いが絶えず、苦しみや悲しみが多い「この世」を経験しています。「この世」が平和になってから、愛を生きる「選択」をするのではなく、「この世」を平和にするために愛を生きるという「選択」をする。しかも、「今」という時があるうちに・・・。世界の人々の文化や生活の根底には、様々な宗教的理念や信条が横たわっています。表面的な現象の違いだけに注目して、早計に結論づけてしまうのではなく、相手の立場に立ち、様々な思想や信条を形成してきた人間の智慧(Sophia)を学んでみてください。本学ならではのキリスト教の価値観や理念に触れ、「For others, with others」のモットーの意味を、一緒に深く掘り下げて考えてみましょう。

学びに関する情報Academics