上智大学短期大学部 Sophia University Junior College Division

資料請求
地域連携・
サービスラーニング

学生の方へ

ボランティア活動をする学生への支援は、学生総合支援センターサービスラーニング部門が行っています。通称サービスラーニングセンターと呼ばれ、ソフィアホール(2号館)2階にあります。そこではコーディネーターとチューターと呼ばれるスタッフが常駐しており、ボランティア活動でのさまざまな問題について相談を受けてアドバイスを行っています。

サービスラーニングセンターは、スタッフが常駐するラウンジとボランティア活動に必要な資料が備えられているリソース室があります。ラウンジにはボランティア活動に参加する学生が集い、教材を作成したり、リハーサルをしたり多目的に使用できます。

ラウンジにはPC3台、プリンター1台、またリソース室にはPC4台、プリンター1台、コピー機1台があり、いつでもボランティア活動の準備に活用できます。リソース室の図書資料は、日本語教育や児童英語教育ボランティアに必要なテキストや教材はもとより、言語教育や異文化理解関連の図書などが揃っています。自由に閲覧できるだけではなく、貸出も行っています。

ラウンジはボランティア活動のほか、授業と関連した学習を行う学生の勉強会やミーティングを開くことができます。

学生の方へ

    主なボランティア活動

    • イングリッシュフレンド
      秦野市教育委員会との連携のもとに、小学校に赴き英語のレッスンを行います。
    • キッズイングリッシュフレンド
      秦野市立図書館や地域の子育て支援センターなどで、英語の本の読み聞かせや英語のアクティビティを行います。
    • カレッジフレンド
      秦野市教育委員会との連携のもとに、小学校や中学校において外国につながる児童、生徒にマンツーマンで寄り添い、日本語を教えたり、教科学習を手助けします。
    • コミュニティフレンド
      外国につながるこどもたちやその家族に対して、日本語を教えたり、日本の習慣を説明したり、また教科学習を手助けします。週3回夕方に本学や公民館等で活動しています。

    これらのボランティア活動を行うためには、毎年4月~5月に行われている「サービスラーニング入門講座」を受講する必要があります。この講座の情報は4月にLoyolaに掲載されます。

     

     

    学生の体験談:イングリッシュフレンド

    学生の体験談:コミュニティフレンド

    学生の体験談:カレッジフレンド

    地域連携・
    サービスラーニングVolunteer