上智大学短期大学部 Sophia University Junior College Division

資料請求
大学情報

アセスメントポリシー

カリキュラム (教育課程)アセスメントポリシー
Curriculum Assessment Policy

年次アセスメント

目的
年次アセスメントの目的は、開講されている授業が学生の要求に合致しているか、また、ディプロマポリシーおよびその下に定められたカリキュラムポリシーに基づき効果的な教育課程が編成されているかどうかを判断することである。
実行者
このアセスメントは、教務専門委員会が実行する。
実行方法
年次アセスメントにおいてデータ収集・分析を行う。
データの収集と分析
基本として以下のデータを収集し調査検討する。年度により重要性が高いデータおよび分析対象を抽出しそれに基づいた調査検討を行う。

【直接的データ】(1)教育課程内容(履修要覧)、(2)シラバス

また、上記データを扱う際に、以下のデータを参考とする。

【直接的データ】(1)TOEIC等標準化された試験の結果、(2)成績評価の分布(A-F)と推移(個別科目または科目群等)、(3)GPA分布と推移(個別科目または科目群等)、(4)各科目の履修登録者数、履修中止者数および授業欠席調査の数値
【間接的データ】(1)授業内容についての所見(学期末授業評価アンケート等)、(2)カリキュラムについての所見(卒業アンケート等)、(3)教員、学生、職員との面談により得た所見

その他、適宜必要なデータを使用する。

結果
教務専門委員会は、年度末に調査結果と勧告を教授会に提出する。
実施
教授会は勧告を検討し、勧告を受諾する場合には実行のための計画を策定する。

定期アセスメント

目的
定期アセスメントの目的は、入学志願者数と多様性、就職の動向、社会的要請、大学の方針といった要素の変化に対応するカリキュラムの大きな改変を考慮することである。
実行者
このアセスメントは、教務専門委員会およびカリキュラム検討ワーキンググループが実行する。
データの収集と分析
定期アセスメントは、大幅なカリキュラム改定に伴い必要に応じて実施される。ワーキンググループは、年次アセスメントの結果を考慮し、国内外の短期大学のカリキュラム改革の動向に関する情報を収集し、調査、面接、文献の精査、他の短期大学の訪問といった独自の研究を行う。
結果
教務専門委員会およびカリキュラム検討ワーキンググループは、調査対象年度の次年度前半に、調査結果と勧告を教授会に提出する。その結果を検討し、必要なものを同年度の活動目標に反映させる。
実施
教授会は勧告を検討し、勧告を受諾する場合には実行のための計画を策定する。

ティーチング(授業改善)アセスメントポリシー
Teaching (Course Improvement) Assessment Policy

目的
この査定の方針の目的は教科における卓越性の推進と其々の授業科目が本学の展望、使命、目的、方針および基準との一貫性を確認することにある。
実行者
このアセスメントは、FD専門委員会が実行する。
実行方法
年次アセスメントにおいて、データ収集・分析を行う。
データの収集と分析
基本として以下のデータを収集し、調査検討する。また、年度により重要度が高いデータおよび分析対象を抽出し、それに基づいた調査検討を行う。

【直接的データ】(1)公開授業等
【間接的データ】(1)教員調査(学期末授業評価アンケートを含む)、(2)学生調査(学力、意欲、出席、学修時間に係る自己評価等)、(3)ティーチング・ポートフォリオ(期末授業評価アンケートフィードバック報告)

また、上記のデータを扱う際に、以下のデータを参考とする。

【直接的データ】(1)シラバス、(2)各科目の履修登録者数、履修中止者数および授業欠席調査の数値、(3)教員ごとの成績評価(A-F)の配分割合、(4)TOEIC等標準化された試験の成果
【間接的データ】(1)FDフォーラムの運営、(2)教員、学生、職員との面談により得た所見

その他、適宜必要なデータを使用する。

分析には、学修成果および教育成果の査定結果を考慮に入れる。

結果
授業評価アンケートの結果は学期ごとに公表される。他の結果は調査対象年度の次年度前半に、教授会、またはFD行事等で公表される。その結果を検討し、必要なものを同年度の活動目標に反映させる。
実施

当該方針では、次の対応をとる:
「FDプログラム」、および「問題解決のための介入」(詳細は以下を参照)

「FD プログラム」には、以下の活動がある:
(1) (専任・非常勤教員を問わず全教員に対する)FD オリエンテーション (2) ランチタイムミーティング (3) FD報告会(サバティカル報告、FD関係の学外の会議等参加報告) (4)公開授業、教員間の連携に関すること (5) 学期末の行事(講演会、フォーラム、シンポジウム) (6) FDに関する推薦図書、コラム、ウェブサイトのリスト化

「FD プログラム」には、以下のトピックがある:
(1) 効果的な授業に関すること (2) 考えさせる授業 (3) 授業案やシラバス作成 (4) 学生参加の推進 (5) 教授法 (6) 学生の評価 (7) 授業評価(学生による授業評価の活用) (8)授業評価アンケート項目の査定と改訂 (9)学期末授業評価アンケート結果の活用と報告の方法 (10) 効果的なアドバイスやコーチングに関すること (11) クリティカルシンキングを教えること (12) 学生に関する問題の取り扱い

「問題解決のための介入」には、以下の活動がある:
支援の介入措置:
(1) 考えさせる授業、自己評価や自己改善を推進するための改善への刺激 (2) 相互の授業観察および連携によるピアサポート (3) 目的および問題意識の共有 (4) 学期末授業評価アンケートの数値結果の解釈と改善のガイドライン (5) 学長・科長への上申

ラーニングアウトカムズ(学修成果) アセスメントポリシー
Learning Outcomes Assessment Policy

目的
本アセスメントの目的は、学生がディプロマポリシーおよびカリキュラムポリシーの下、本学が目標とする具体的な学修成果を獲得しているかを判断することである。詳細については、別途記述されている。
実行者
「大学ディプロマポリシー」「英語科ディプロマポリシー」「カリキュラムポリシー」に則した学修成果アセスメントは、教務専門委員会が実行する。サービスラーニングにおける学修成果に関しては、地域連携活動専門委員会が実行する。卒業後の進路と関連した学修成果に関しては、学生生活・進路指導専門委員会が実行する。教養力の学修成果に関しては、「人間学」担当教員が実行する。学修ポートフォリオにおける学修成果に関しては、アドバイザー教員が実行する。
データの収集と分析

基本として以下のデータを収集し、調査検討する。また年度により重要性が高いデータ及び分析対象を抽出し、それに基づいた調査検討を行う。

【直接的データ】(1) シラバス、(2) 学生の学業および試験のサンプル、 (3) 成績評価に用いられたデータ、(4) 成績評価の分布(A-F)と推移(個人、グループ、学年別等)、(5) GPAとその推移(個人、グループ、学年別等)、(6) TOEIC等標準化された試験の結果、(7) 留学プログラム参加者の成果(TOEIC、GPA等)、(8) 各科目の履修登録者数、履修中止者数および授業欠席調査の数値、(9) 成績不振者を対象とした科目の成果(履修後のGPA等)、(10)ゼミナール論文内容及び水準、(11) 卒業後の進路状況

【間接的データ】
(1)学修成果についての所見(卒業アンケート等)、(2)学修成果についての所見(授業評価アンケート等)、(3)学生の授業についての所見(授業評価アンケート等)、(4)教員、学生、職員との面談から得た所見、(5)正課カリキュラム外学修プログラムでの成果、(6)サービスラーニング、アクティブラーニングプログラムでの成果、(7) 進路先を対象とした学修成果の調査

また教務専門委員会の実施する学修成果アセスメントには、以下の情報の収集および分析を含むものとする。

【総合的データ】
(1)「教育の成果等に関する情報の収集および分析」

結果
教務専門委員会、地域連携活動専門委員会、学生生活・進路指導専門委員会は、調査対象年度の次年度前半に、調査結果と勧告を教授会に提出する。その結果を検討し、必要なものを同年度の活動目標に反映させる。
実施
教授会は勧告を検討し、勧告を受諾する場合には実行のための計画を策定する。同時に、教授会は、いかなる行動をとるかを決定する際に、教育課程と授業改善の査定結果を考慮する。

本ポリシーのもとには、「教員支援行動計画」と「学生支援行動計画」の二つの行動計画がある。学修成果を向上させる「教員支援行動計画」は、FD専門委員会によって実施される。
「学生支援行動計画」には、以下のような活動とプログラムが含まれる。
(1) 学生の振り返り、(2) 学修技能のトレーニング、(3) 学問的な助言、(4) 個人指導による支援(学生総合支援センター)

ティーチングアウトカムズ(教育成果)アセスメントポリシー
Teaching Outcomes Assessment Policy

目的
本アセスメントの目的は、学生がディプロマポリシーおよびカリキュラムポリシーの下、本学が目標とする具体的な教育の成果を獲得しているかを判断することである。詳細については、別途記述されている。
実行者
「大学ディプロマポリシー」「英語科ディプロマポリシー」「カリキュラムポリシー」に則したティーチングアウトカムズアセスメントは、FD専門委員会が実行する。
データの収集と分析
基本として以下のデータを収集し、調査検討する。また、必要に応じて学修成果および授業改善の査定で扱ったデータおよび分析も、本アセスメントの一部とする。年度により、重要性が高いデータおよび分析対象を抽出し、それに基づいた調査検討を行う。

FD専門委員会
【直接的データ】(1)公開授業、Supervisory Observation等
【間接的データ】(1)教育の効果についての所見(授業評価アンケート等)、(2)教育の成果についての所見(卒業アンケート等)

その他適宜必要なデータを使用する。

結果
FD専門委員会は、調査対象年度の次年度前半に調査結果と勧告を教授会に提出する。その結果を検討し、必要なものを同年度の活動目標に反映させる。
実施
教授会は勧告を検討し、勧告を受諾する場合には実行のための計画を策定する。同時に、教授会は、いかなる行動をとるかを決定する際に、教育課程と授業改善の査定結果を考慮する。

本ポリシーのもとには、「教員支援行動計画」と「学生支援行動計画」の二つの行動計画がある。学修成果を向上させる「教員支援行動計画」は、FD専門委員会によって実施される。
「学生支援行動計画」には、以下のような活動とプログラムが含まれる。
(1) 学生の振り返り、(2) 学修技能のトレーニング、(3) 学問的な助言、(4) 個人指導による支援(学生総合支援センター)

大学情報About